こんにちは、銀王です

期間工とはなんなのか?

どんな仕事をするのか?

期間工の仕事のメリットとデメリットは?

今回はこのような期間工に対する疑問を10年以上期間工経験を持つ期間工マスターの銀王が解説してみたいと思います。


スポンサーリンク

1 そもそも期間工ってなんなのさ?

まず期間工というのは通称で「働く期間の定められた工場で働く契約社員」のことです。

ほかにも臨時工だとか季節工だとかで昔は農家の人などがオフシーズンの時に出稼ぎにくるのが一般的でしたがいまでは一つの働き方として世間では認知されています

主に自動車メーカーや自動車部品メーカー、航空機や建機メーカーといった日本を代表するような大手企業との直接雇契約を結んで働きます。

・自動車メーカーにはトヨタ、ホンダ、日産やスバル

・自動車部品メーカーにはデンソーやプライムアースEVエナジーにアイシングループ

・建機メーカーには小松製作所や日立建機、コベルコ建機やクボタ

・航空機メーカーには三菱重工業に川崎重工業

これらをみてもわかるように日本の大手企業との直接雇用ということで期間工という働き方は社会に貢献できる立派な仕事であると言えますね

2 どんな仕事をするのか?

期間工の仕事は基本的には工場の生産ラインでの仕事になります

自動車工場を例に説明していきましょう。

・プレス工程
自動車のボンネットなどボディの骨格を作っていく工程です。
プレス工程では薄く延ばした鋼板をカットしてプレス機で立体的なボディ形状を成型していきます。

・溶接工程
プレス工程で出来た部品を自動溶接などで車体に組付けていきます。

・塗装工程
塗料の入ったプールに自動車をいれたり、自動機によって車のボディに塗装していきます。
市場にある綺麗なボディを作るために何回かの塗装をしていく必要があります。

・組み立て工程
塗装された車体にドアやシート、ミラーなどを組み付けていきます。
ほとんどの部品が人の手によって組付けられていくので多くの人は組み立て工程で働くことになると思います。

・検査
自動車の組み立てが終わったらエンジンやブレーキ、ヘッドライトなどの検査をして自動車のスペック通りになっているかをチェックします。

ちょっと言葉ではわかりずらいですよね・・・
ホンダ自動車さんのところに工場見学の動画がありましたのでこちらを見てください。

ホンダ自動車さんの自動車工場見学に行く

プレス工程、溶接工程、塗装工程はほとんどが機械作業となりますので配属された場合は機械の操作や管理が主な仕事になります。

どこの工程に配属されるかはその人の経験などをみて会社が決定するので選ぶことはできませんがどの工程だとしても入社時の研修もしっかりしますしできるようになるまでなるまで人がついて面倒をみてくれるので初心者の人でも1カ月もすれば1人で仕事ができるようになります。

3  期間工をするメリット

・資格や経験がなくても比較的容易にできる

一部の工場を除けば期間工の求人は学歴、資格や経験を求めてはいない

面接時に履歴書の資格欄が空白でもあっさりと採用されるし経験も深く聞かれたりしないのでそこまで重要視されるもんでもなさそう、実際未経験者も入社してきますからね

交代制勤務のために18歳未満の人は働けないだろうけど今まで見てきた中では下は19歳で上は58歳という人がいたので年齢不問なんだろう。

・寮費無料でお金が貯まる

全部の会社が完全に無料ではないがほとんどの会社が寮費無料です

前にプライムアースEVエナジーというハイブリッド車の電池を作る工場にいったのだけどここでは一部の寮だけが無料の会社だったのだけど「無料の寮でなければ辞退する」と面接でいって無料寮に入ってきた人もいました、それくらいこれを重視している人もいるってことです。

だいたい寮費無料で年収が400万前後はあるのだから月に10万つかっても200万は貯金できるってことですね

・日本の最大手企業で正社員になれる(可能性がある)

ほとんどの会社で期間工からの正社員登用制度というのがあり年に1回から2回の正社員になるチャンスがあります

1年以上の就業期間などの受験資格が必要なだけでやはり学歴などは関係なく受けられて実際に最終学歴が中学の人が正社員になった例もあったりと夢があるお話ですね。

ちなみにプライムアースでは2018年度は期間工に入社して1カ月も立たないで正社員登用試験をうけることができてそこで受かっている人もいました、今の年4回の登用試験をしているようで正社員になりたい人にはねらい目かもしれません。

4 期間工のデメリット

・不況時には職業を失う可能性が高い

30代後半の人は経験してるかもしれないけれど2008年のリーマンショック時にはおおくの期間工が路頭に迷いました、今では考えられないほどの非正規社員が職を失うことになりましたね。

銀王に関して言えば当時は特殊な航空機メーカーにいたおかげでほとんど影響を受けませんでしたがテレビなどで自動車メーカーの状況を見ていていつ自分のとこに影響がでるかと不安な思いをしていました。

期間工を続けるならばいつリーマンショックのようなことが起きてもいいように貯金だけはしっかりしていきたいもんです

・交代制勤務で身体がきつくなる

期間工になると9割は交代制勤務で日勤と夜勤の交代制になります

夜勤をやったことのない人、というか夜勤というのがそもそも人間の身体に悪いものだというのは研究結果はっきりしているので法で給与を割り増しになっています

1~2カ月もやれば慣れるとは言いますが実際には身体にかかる負担は大きく相当辛くなります

少しでも負担を減らすためにカーテンを遮光性のものにするなどしていないと40代にもなれば身体はボロボロになるのでしっかりと対策をしましょう(銀王の今の工場は日勤のみです)

・単純作業が多く飽きる

あまりの単純作業にとにかく飽きる

1日中同じことの繰り返し、料理をしていてひたすら野菜を切り続けるようなもんです

2~3カ月もやるといったい自分はなにやってるんだろうと自問自答し始めて嫌気がしてきます

それをこえるともはや妄想しか頭にないです、1億くらい手に入ったらランボルギーニ買って女ナンパして~とかそんなことばかり考えだすかなりやばい状態になる。
銀王の対策は「声を出して歌う」「為替相場や株の相場予想をする」くらいしかないですがなんとかやってこれました。

   今回のまとめ   

はい、今回は期間工という働き方についてかいてみました

銀王が考える期間工とはスキルも何もなくても貯金もできるしいい仕事であるということです

たしかに単純作業で辛いこともあるだろうけれどその辛さを埋められるだけの結果や報酬があるのだからずっと続けてこられたのでしょう。

この記事をみて少しでも期間工という仕事に興味を持ったなら期間工への応募を検討していただけると幸いです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事