つい先日に求人を見ていたらこんな求人を見つけました。

給与
年収4,000,000円~4,800,000円 [同じ給与帯の求人を見る] 備考:日給10.000円~

※残業・深夜・休日出勤手当あり

(月収例)
300.000円~380.000円

●早期赴任手当        100,000円
●初回特別延長奨励金     100,000円
●満了報奨金(3ケ月毎)    60,000円
●慰労金制度 48,000円~1,200,000円 ※最大120万円支給

※22時以降の勤務25%以上UP
※休日出勤なら35%以上UP
交通費
-
交通費備考: ■入寮者 □現地までの赴任交通費全額支給
勤務先
東京都 日野市 勤務地:羽村市・太田市・古河市・日野市いずれか
最寄駅:日野駅 (青梅線) 車 5分
雇用形態
正社員 契約社員 派遣 人材紹介
勤務時間
[1]08:55~18:10
[2]20:55~06:10
勤務時間備考: 日勤or二交替制\
※その他勤務時間有
勤務期間
長期(3ヶ月以上)
勤務曜日
[1]月火水木金
勤務形態: 定期
勤務曜日備考: 5勤務2休です!
休日
毎週土曜日・日曜日休みです!
長期休暇あり
(GW・お盆休み・年末年始休み)
年間休日120日前後
応募資格
18歳以上 ※労基法による

20代~40代まで方が活躍中!
男性でも女性でも活躍できる職場!

弊社のプロの担当が採用になるようにご協力致します!!
ここがポイント
●「東京」で住み込み希望
●「東京」で勤務したい

●稼いで、遊びに使いたい!!
●ムダなお金は嫌いだ (寮費・水光熱費)

アナタの【東京デビュ―】は目前かも??

---休日の過ごし方---
■渋谷で、若者気分を味わいましょう!
■銀座で、オトナな気分を味わえる!
■築地で、美味しい魚を堪能!
■秋葉原で、アイドルやアニメなどの娯楽!
■六本木で、東京を味わう!!

東京へはワクワクしかないですよね?
※募集枠が埋まり次第、終了です。

この求人を見てわかる人はわかるだろうけれどこの求人内容は某トラック工場でしょう。
しかしこの求人、今まで見たこともないような会社なのだが大手の派遣会社、紹介会社に負けるどころかほとんど同じだけの求人を出していて取引先もほとんど同じというデカい会社っぽいのでいろいろと調べてみました。
するとどうもこの会社、面接に行くと期間工の紹介会社を紹介してくるらしい。

5 名無しさん@そうだ登録へいこう 2018/12/18(火) 19:34:53 ID:
>>4
俺も同じ
喫茶店で面接でいきなりから募集案件は無理と言われ遠方他県の寮付案件ばかり紹介された。
しかも日研案件。
2時間後に日研の事務所に案内しますと言われたから時間潰しすると言ったら身分証明コピーしますと言いながら事務所に免許証持っていかれた。
そこまでして強制的に日研に連れて行きたがるのは京栄はコンサル会社であって派遣会社に人材を紹介して儲けてる会社みたい。
結局日研面接行かざる得なくなって行ったが着いたら京栄社員は日研社員とバトンタッチで帰って単なる日研登録面接。
無論日研案件は全て断った。
因みに最近出てる京栄案件、勤務地が家の近所なんだけどそんな会社(工場)は全くない。

他にも名古屋で面接した人の話しを聞くことができたのですが・・・
・応募の電話では仕事の案件はほぼできない。
・面接の1日前に確認の電話をしてさらに1時間前にも電話しなければならない
・面接は事務所ではなく喫茶店
・待ち合わせは金時計
一昔前にも日雇い派遣でこういった業者が異常に増えた時期があったけどそれに近い状況になってきてるな・・・
匿名掲示板ではこれに対して2重派遣だとか違法なのか?といった書き込みもありましたが、違法ではないと思いますけど倫理的にはとても褒められたもんじゃないですね。
最終的に働く場所は同じだから問題はないし給料だとかも大手のメーカーの期間従業員であったり大手の派遣会社なので十分な待遇はあるんだけどねぇ・・・
そもそもこの会社どうやって利益出してるのかもちょっとよくわからない、紹介料っていっても紹介を1回挟んだ上での紹介なのでそんなたいした額ではないだろうに・・
ここまでしなきゃ人が集まらないのか、それともこれは税金対策でなんかやってんのか知らないけど求職者をたらい回しにするのはどうなのよ。
まあぶっちゃけこんなの貰えるもん貰えるならどうでもいいけどね。
ということで今回は終わりですが・・・
とある人から連絡があってその方の期間工生活の提供を受けられるかもしれません。
まだ期間工ですらないので応募から入社、その後まですべて提供してくれるそうです。
その方は5年くらいニートをしていたようで面接も受かるかはわかりませんが・・・
女性っぽいので密着取材したいと思います。
ご期待ください!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事