期間工をやっていて人生の勝ち組になりたい!と思っている人はたくさんいるはず。

人生の勝ち組になる一つの方法にFXがあります。

実際の例で言えばGFF氏がいます。

GFF氏は3カ月ほどの短期間でしかもたった10万円の元手から6億円の資産を築いたという伝説の期間工トレーダーです。

最終的にはGFF氏はすべての資産をFXで溶かしてしまい引退し今はなにをしているかはわかりませんが一時とはいえ6億の資産を築いたのは事実であって期間工の人で夢を追ってFXを始める人はたくさんいるようです。

しかし現段階ではGFF氏のように稼いだという報告はなく「FXで勝ち組になる!」なんて夢物語だという声もあるでしょう。

1部のブロガーはFXは単なるギャンブルでてるわけはないと言っているくらいです。

今回の記事では・・・

・なぜGFF氏は破綻してしまったのか?

・FXはギャンブルで勝てないのか?

・期間工はFXや投資では勝ち組になれないのか?

ということを掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

GFF氏トレード手法

RSIのブレイク手法

GFF氏のトレード手法は至ってシンプルなRSIのトレンドラインのブレイク手法。

GFF氏はこのトレンドラインをブレイクしたらエントリーし利確損切りも機械的にできていたようです。

・エントリーはトレンドラインをブレイクしたとき
・RSIの70や30程度で利確していたよう
・損切りはブレイクしたラインを再び戻ってきた時

GFF氏の活躍していた時期が2010年なので値動きはかなり素直に動いていた時期なのでまあいい手法ではあるとは言えます(今の相場ではまず通用しません)。

窓埋め手法

 

FXの手法で海外でもよく使われているのがこの窓埋め手法。

FXは土日以外は毎日24時間取引されているが週明けの月曜日の朝に市場が開いた時に先週の終値から大きく動いて値が飛んでしまうことを窓を開けるといいます。

写真を見るとかなりの窓が開いていますがしっかりと戻ってますよね、この戻っていくのを狙うのが窓埋め手法です。

窓埋め手法の勝率は8割あると言われていますが、窓を埋めなかったときにどこで損切りするかが難しくあまりお勧めはできません。

 

GFF氏が参考にしていたアナリスト

GFF氏は他のアナリストの方を参考にしていたようです。

参考にしていたアナリストは「吉田恒氏」「河合美智子氏」

吉田氏は今どうしてるかはわかりませんが「河合美智子氏」は今でもブログで相場予想をしていますね。

河合美智子氏の「為替相場と楽しく付き合う方法」

自分のテクニカル分析に頼らずアナリストを絞って参考にするなどの姿勢からは真剣にトレードをしていたということは伺えます。


GFF氏の敗因

GFF氏はなぜ6億もの資産があったのにすべてうしなってしまうようになったのでしょう?

それはGFF氏が大きく稼ぐことができた理由によるものでした、それは・・・

・ハイレバレッジ

FXではレバレッジと言って自分の資金以上の取引ができます。

現2019年の時点では25倍のレバレッジ、これは100万円の資金があるとするなら2500万円分の為替取引ができます。

そしてGFF氏の活躍していた2010年では100倍⁉つまり100万円で1億円分の為替取引ができていたんですね。

GFF氏が大きく稼ぐことができたのはこのハイレバレッジを使って波に乗れていたためです。

・損切りをしない、できない

GFF氏はインタビューでこう答えています。

3億円ロスカット(損切り)の1つ前のトレードで、最大1億円近いマイナスからプラスに持っていったトレードがあったんですよね。それで今回もいけるだろうという気持ちもあったし2か月で6億までいった運に賭けようという気持ちもあった。

たまたま助かってしまったトレードの経験ゆえに「また助かるだろう」こんな考えに至ってしまうことはトレーダーの人はわかるでしょう。
トレードをしていると想定していた動きと違う動きをしたら損切りをしますがその後で想定していた動きとなり「結局持っていればめちゃくちゃ勝ってたのに・・」なんてことはよくあります。
銀王もつい先日に80pipsの損切りをした後に元に戻ってしまいました。
こういった経験を重ねると「損切りをしなくても戻ってくる」と期待して損切りができなくなっていくんです。
「ハイレバレッジに加えて損切りができなくなってしまう」
一瞬で資産は消し飛ぶでしょうね(笑)

追記:GFF氏の負けた敗因の最大の理由

GFF氏が勝ちを積み重ねることができた時期は2010年の5月から6月のようです。

チャートを見てみるとほぼ一方的な相場環境で下落してますね。

そして負け始めた7月あたりから若干乱高下するような相場に変化してます。

つまりGFF氏は相場環境に対応できずに負けた、というのが最大の敗因でしょう。

FXはギャンブルで勝てない?

FXはただの通貨取引であってゼロサムゲームでしかないです。

ゼロサムゲームである以上は勝つ人もいて負ける人もいるでしょう。

そしてFXは【1割の人が勝ち9割の人が負けている】というのが現実です。

ゼロサムゲームなのに1割しか勝てない⁉と知って「そんなのになれるわけない」と思うか・・・

なんの資格もいらず「こんなチャンスはない」ト捉えられるかは人それぞれでしょう。

FXはギャンブルか?という答えはわかりませんが・・・

ギャンブルって絶対に勝てないの?

カジノで勝ってる人っているよね?

FXで勝ってる人いるよね?

一つ言えることは「勝てる人間は1部の人間だけ」って考えてやらないならその時点で1部の人間にはなれないですね。

期間工がFXや投資で勝ち組になるには?

期間工がFXや投資で勝ち組になるには?
・給料は全額投資
・仕事もしっかりやる
・損切りなどのルール徹底

・給料は全額投資

入った収入は全額投資、いつまでも同じ金額で投資を続けていると全く成長しないです。

最初は小さい金額で検証をするのはアリだろうけれどいつまでも1ロットや2ロットでやってると大きいロットでは損切りできなくなる。

毎月ロット数を増やしていくことで損益になれる必要があります。

・仕事もしっかりやる

いくらレバレッジがあるとは言え元手がなければ何ともならないので労働収入を最大限に得る努力はしないとだめですね。

本業を疎かにしてFXで勝てる人はあまりいないですね。

・損切りなどのルール徹底

損切りや利確、エントリーのルールを作って資産管理を徹底してやること。

以上のことを守れば期間工をやりながらでもFXで勝ち続けられます。

ちなみに銀王は仮想通貨で100万ほど負けてます(笑)

まあ100万くらいは仕方ないですね、仮想通貨はもうやりません。

今回の記事はここまでですが、今回の記事でFXやったら大損したとか言われても責任はとれません。

投資は自己責任です。

皆の幸運を祈っておる。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. アバター 内田裕也似 より:

    南アフリカランドで総資産2千万円超えたけど、
    ハイレバレッジだったから、やっぱり逆転したら損切りなんて無理で、僕も破綻させてしまいました。
    今は株式に投資してます。FXは怖い。

    • 銀王 銀王 より:

      コメントありがとうございます。
      ハイレバで損失を見ているとほんとに損切りはできないですよね・・・
      「機械的に損切りを」とは理解できていますが今でも大きな失敗をしてしまいます。
      FXは技術以上に精神の強さが必要なんだと思っています。
      お互いに成長できるように頑張りましょう。

コメントを残す

FXの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事