期間工で働いている人なら大抵知っている【期間工の最長契約期間】

何年だと思いますか?

「2年11カ月」という人と「5年」という人に分かれると思います。

どちらも正しいです。

大半の期間工を使っているメーカーは2年11カ月までと設定していますし

期間工は契約社員なので5年が最長になる、と考える人もいるでしょう。

今回の記事ではこの期間工の契約期間について深ぼって話していきたいと思います。

誰も知らない「実は・・・」といった話もあります。

期間工の最長契約期間は5年

契約イメージ

契約更新の限度が5年となる

期間工は雇用形態では契約社員と同じです。

契約社員とは雇用期限を定められた社員のことです。

契約期間は3カ月や6カ月、1年などあります。

会社の状態や勤務状況によって契約を更新していくのですがその契約更新の最高が5年ということですね。

5年を超えたらどうなる?

5年を超えた場合は労働者は無期雇用転換の申し込みができる権利を得ることができます。

この申し込みは企業は断ることはできません。

この無期雇用への転換を【無期雇用転換】といいます。

この5年というのは通算5年となっていて一度退社して再入社した場合は前の勤務期間と合わせることができます。

ただしこの間が6カ月の間が空いた場合は勤務期間はリセットされてしまいます。

この期間を「クーリング期間」と呼びます。

なぜメーカーの多くは2年11カ月とするのか?

5年間働けるのになぜかメーカーでは「2年11カ月まで」を限度としています。

これに関してはいろいろ説はありますがすべて根拠のない話しばかりです。

もっとも有力なのは派遣の3年ルールとごちゃごちゃにされてしまうため合わせているというもの。

実際にヤンマーなどでは論争が起きていたりもしますからね。

はっきりいってしまえばメーカーのみぞ知るというやつです。

とりあえず無期雇用はしたくないということでしょう。

無期雇用されるとどうなるの?

比較

無期雇用でどうなる?

契約社員が無期雇用転換されるとどうなるのでしょうか?

よく勘違いされているのが無期雇用転換は【正社員】になるというものです。

無期雇用された契約社員は有期雇用から無期雇用に変更されますが

正社員とは違うということを知っておいてください。

給料や待遇においては会社によりますがほとんどの会社では契約社員のままでしょう。

無期雇用のメリット・デメリットは?

では無期雇用のメリットはというと・・

雇用の安定となります。

デメリットは

  • 収入は契約社員のまま
  • 昇給・昇格がない
  • ずっと同じ仕事の可能性が高い

ということです、正社員になれると思って頑張ってきて

無期雇用されたら全然違った・・・なんてこともありそうですよね。

ただすべての会社が無期雇用で収入が変わらない、というかはわかりません。

このあたりは会社の裁量によるものなのでもしかしたら正社員と同じなんてこともできます。

しかしそれなら普通に考えて正社員にしてますからね。

実は期間工のまま5年以上働ける⁉

実は期間工という働き方のままで無期雇用されなくても5年以上働けるんです。

なぜなら・・・

「5年を超えた場合は労働者は無期雇用転換の申し込みができる権利を得ることができる。」

わかりますか?

これはあくまでも申し込みができるだけなんです。

申し込みさえしなければ期間工のままで5年以上働けるんですよ!

もちろん会社が契約を更新してくれれば、ですけどね。

会社が認めて、無期雇用の申し込みをしなければいいんです。

まあ実際はこのようなことは会社が認めません・・・

どのような取り決めをしたとしても後で労働者が申し込みをすれば無期雇用を受けなければならないからです。

なので知っていても意味はないですが知っておいた方がいいということです。

今回の記事は以上ですが

台風19号の被害により福島などで断水などが長期化するようです。

ヤフー基金などにより支援ができるのでご協力をお願いいたします。

寄付写真

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事