【2019年】ももう終わろうかというというところでトヨタが期間工求人をストップしたことにより当てが外れてしまった人はたくさんいることでしょう。

経済状況はダウが最高値更新など景気のいい話は出ているものの日本の自動車メーカーの期間工求人は日を追うごとに少なくなっているようにも感じます。

期間工へ応募している人達も「中々採用されない」ようでかなりの苦戦を強いられているようです。

今回はなんとか「年内入社」したいという期間工の人達に向けて今でも求人をしっかりと出していてなおかつ採用されやすいメーカーを特別に4社だけ紹介したいと思います。

その4社とは・・・

  1. スバル自動車
  2. スズキ自動車
  3. 小松製作所・小山工場
  4. ホンダ鈴鹿工場

この4社に関してはまだ年内入社が可能なのです。

当然この4社は寮を備えており寮費も無料なので年末年始もゆっくり過ごすことができるでしょう。

今回の記事ではこの【スバル】【スズキ】【小松製作所・小山工場】【ホンダ】

この4社の期間工のオススメポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まだ間に合う期間工求人のオススメポイント

オススメイメージ

 

スバル期間工のオススメポイント

スバル期間工のオススメはなんといってもその入社祝い金の高さでしょう。

トヨタが募集を停止している現在ではトップクラスの40万円!

直接応募でも40万円の入社祝い金が貰えるためわざわざ派遣会社を通す必要もなくなって手間もかかりません。

ただ直接応募だとちょっと税金がかかってしまうため未だ派遣会社を通す人もいるようです。

派遣会社を通した場合は40万の内の7万円は選考会費として貰えたりもするのことも派遣会社を通す理由なのでしょうね。

企業面接では面接が終わるとそのまま採用を言いわたされて採用となる点もスピーディーで高評価です。

待遇としては基本給こそ9000円と低いものの皆勤手当てや正月などの連休手当などが1年を通すと大きく稼げる期間工メーカーの代表的な存在です。

寮に関しても寮光熱費無料で集合寮ながらもあまり悪い話を聞かない(いいという話もない)ので悪くはない寮のようです。

もしかしたら今後は入社祝い金などが期間工応募ではなくなる?という可能性もなくはないのでスバル期間工の高い入社祝い金貰えるのは今が最後かもしれませんね。

スバル期間工の入社祝い金はこちらから

スズキ期間工のオススメポイント

スズキ期間工は過去に記事にしましたが40代の元ニートの方が採用されてるほど現在は採用率が高いです。

期間工の数が他社に比べて圧倒的に少なく不正検査の影響で遅れた生産を取り戻すべく現在は残業休出が多いようです。

今の時点ですでに2月までの休出が決定していてまだ期間工募集をしています。

また正社員登用もかなり甘いらしく無遅刻無欠勤でそれなりに仕事ができれば可能性は高いらしいです。

期間工の数が少ないからこその登用率ということでどうも情報を出したくない人がたくさんいるようですね。

待遇としては日給は9600円で平均程度、満了金は3カ月で16万円ほどに入社祝い金が25万円となっています。

寮は湖西工場は車がない人にはかなり不便な集合寮ですが他の工場はレオパレスです。

期間工求人では珍しい工場を選ぶことができるため集合寮がイヤな人は他の工場を選びましょう。

スズキ期間工の詳細はこちら

小松製作所・小山工場のオススメポイント

建機メーカーである小松製作所の小山工場もまだ年内入社が可能です。

小松製作所のポイントは入社4日後に有給休暇が5日付与されるということ。

これにより作業になれていない時期に計画的に休みを取ることができるためキツイ時期を無理することなく乗り越えられることでしょう。

それ以外にも病欠の場合は診断書を提出することで5日間のみ有休を消化せず欠勤扱いにもならないという制度があります。

日給は9700円で6カ月契約を更新するごとに100円の昇給、満了金は6カ月で33万円、入社祝い金は18万円となっています。

寮はレオパレスが確定しており寮費は無料で光熱費は実費。

小山ということで立地的にはかなり充実した生活ができることができます。

建機メーカーはブルドーザーなどのイメージから部品が重くかなりキツイというイメージがあるようですが

実際に働いた感想では普通自動車の工場よりも楽だと思います。

またクレーンや玉掛免許が必要な部署が多いですが、免許を持っていなくても採用後に取得させてくれるため

免許が欲しい人は運が良ければ取得できるかもしれません。

建機メーカーの他の特徴としては食堂のごはんが充実しているというのもあったりもします。

小松製作所の求人はこちらからどうぞ

ホンダ期間工のオススメポイント

ホンダ期間工の最大のオススメポイントは食堂のごはんでしょうね。

自動車メーカーで働く期間工の人達の間ではホンダ=食堂のごはんが美味しい、というのが常識です。

仕事の方はというと40歳や50歳の期間工もいたりと採用率はかないいいようです。

また女性の期間工の方も多く女性期間工ブロガーがいるのもホンダだけ?なのではないでしょうか?

日給は10300円と高い設定で満了金は長く勤めると増えていくタイプで

3カ月おきの支給です、1,2回目は9万円、3,4回目は15万、それ以降は17万円です。

入社祝い金は日総工産からの応募で20万円となっています。

期間工求人の定番である期間工.jpは10万円なので注意が必要ですね。

ホンダ期間工への応募はこちら

寮は集合寮で寮光熱費無料となっています。

またホンダでは無期雇用派遣の人も働いていてそちらになると月給はなんと!30万円が固定給です。

当然そこに残業や深夜手当が付くので月給は35万円を超えることになるでしょう。

無期雇用派遣への応募はUTエイムという会社で行っています。

最近UTグループの株に関してのグーグルの記事が出ていますが順調に伸びているようですね。

無期雇用派遣の給与一例の記事は下記にありますのでよかったらご覧ください。

ホンダへは期間工で入るか無期雇用派遣で入るか迷うところですが私なら派遣で入ります。

固定給という安定した収入は期間工にはない魅力です。

満了金が大きな収入源である期間工はなにかあった時になんの得にもなりませんからね。

もちろんどちらがいいかはその人の働き方や考え方次第ですので自分にあった働き方をするべきだと思います。

あえて年内入社を諦めるのもアリ

ゆっくりイメージ

今から年内入社してあわただしい年末年始を迎えるのもちょっと・・・という人はあえて年内入社をしないという選択もアリですね。

実はトヨタはまだ完全に期間工募集を停めたわけではなく東海地方ではまだ選考会をしています。

最終の選考会は17日ですが入社は来年の2月になるということでいいなら今から選考会に行って年末年始をゆっくり過ごすということもできます。

生活に余裕があって来年2月の入社でも全然いいという人は最後の駆け込みにトヨタの選考会に参加してみてはどうでしょうか?

トヨタ自動車の詳細はこちら

他にも選択肢としては年末年始のみの仕事をしてみるのもいいかもしれませんね。

いつもの工場の仕事ではないものを経験してみるのもいいでしょうね。

【2019年】悔いなき選択を

選択イメージ

今回は【2019年】も終わりを迎えて期間工求人がおさえられている中でも

今からでの年内入社できる4社を紹介しました。

【スバル】【スズキ】【小松製作所】【ホンダ】

スバル、スズキに関してはフル残業状態での稼働ですので本当に稼ぎたい人にオススメです。

小松製作所、ホンダに関しては食堂のごはんが美味しいので有名です。

この4社であればどこを選んでも満足できる待遇もありますし今後も期待できるメーカーです。

しかし焦って年内入社にこだわることもありません。

ゆっくりと年末を迎え新年から職探しをするということも視野に入れておくことも必要かな、と思います。

【2019】もあとわずかですが「悔いなき選択」をして【2020年】を迎えられることを願っています

スポンサーリンク
コメントを残す

期間工求人の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事