スバルが期間工への入社祝い金を直接応募でも40万円となり神対応と話題になっています。

今までは派遣会社を通して出ないとスバルは全く入社祝い金がありませんでした。

これにより期間工ブログは期間工でも人気のスバル案件を奪われたことにより大打撃である。

スバルは期間工ブログを嫌っているのか?

なぜこんなことをするのか・・・

だがしかし、この直接応募での入社祝い金はとんでもない事実が隠されていたのだ⁉

それは税金の問題である。

今回の記事ではスバル直接応募により税金はどうなるのか?を解説するとともに・・・

スバル期間工への応募から入社までの流れを後半では解説していきたいと思います。

※先に言っておきますが今回の記事は有料サイトで弁護士に質問した結果からのものです。

話しがかなりややこしいので弁護士や税務署の解釈が変わってくる可能性は十分にあります。

スバル直接応募での入社祝い金の弊害

応募イメージ

今まではどうだったのか

今までは派遣会社を通すと貰えていたものは派遣会社からの入社祝い金でした。

それがどういう扱いになるかというと一時所得です。

あれこれ難しいことを語っていても意味がないので簡単に要点のみを言うと

一時所得は50万円の特別控除があるので50万円を超えない限りは税金は0円となります。

当然いままで派遣会社から貰っていた人は税金は引かれていないはずです。

ここでの注意点は派遣会社から貰っているという点です。

※入社してから貰う給料明細に含まれているものはメーカーの入社祝い金です。

今後はどうなる?

今後は入社してスバルから直接40万円が給与に加算されるのでそれは給与所得になります。

なので当然のように税金がかかります。

社会保険料はどうなるのか?

ここからは年金事務所で聞いた話だがかなり不明な点が多いので確実化はわからないです。

悪いことにこの入社祝い金が社会保険の対象となってしまうことになり社会保険料は跳ね上がる可能性があります。

今後は派遣会社で入った人直接応募で入った人では月々の手取りが1万程度は変わってくるでしょう。

直接応募は損をする可能性大

少なくとも直接応募すると税金がかかることはまず確定です。

社会保険料に関してはおそらく高くなるはずです。

どちらを選ぶかはあなた次第でしょう♪


日給¥9,000
稼働日数20日
早番 10日(休日出勤 9時間)
遅番 10日(休日出勤 4時間)
基本給¥180,000
交代手当¥37,505
早番 ¥456 × 10
遅番 ¥3,295 × 10
残業手当(30時間)¥32,625
休出手当¥21,975
早番 ¥1,125 × 1.4 × 9.0 × 1
遅番 ¥1,125 × 1.4 × 4.0 × 1
各種手当
皆勤手当¥30,000
食事手当¥3,329
給与の合計
¥305,434

スバル公式から期間工へ応募する

派遣会社からスバル期間工へ応募する

スバル期間工への応募から面接

面接イメージ

スバル期間工への応募方法

スバル期間工への応募は派遣会社を通して応募しましょう。

スバル期間工で40万円の入社祝い金をもらうにはこちらから

なぜなら派遣会社を通すことで入社祝い金は40万円となります。

その40万円のうち7万円は選考会費として合否に関わらず貰えるので必ず派遣会社をとおして応募しましょう。

まずは派遣会社との面接ですがエントリーシートを書いて職歴を聞かれるくらいで終わりです。

そこで派遣会社からの紹介状を貰って今度はスバルの選考会に参加となります。

スバル選考会は全国で行われているので近い場所に行きましょう。

スバル選考会の様子

選考会にはスーツで行ったほうがいいでしょうがスバルの選考会にスーツで来る人はほとんどいないので私服でもいいと思います。

選考会では仕事内容のビデオを見てその後に丁寧に勤務条件などを説明してくれます。

そして軽い計算と漢字を書く問題、握力を測定します。

漢字の問題は「木」という字が含まれた漢字を5つ書きなさいとかそんな感じで「森」「林」「機」「樹」「棋」といった字を書けばオッケー。

そしてその後で採用を言い渡されて赴任の時の持ち物などを説明されます。

面接後に即採用なんですw

スバル期間工に採用から入社まで

赴任イラスト

赴任前

面接後に採用を言い渡されて赴任日にホテルに来てくださいと言われます。

しかし面接を受けた日によってはかなり日が遠く1カ月先ということもあります。

スバルは親切なことにそんな場合でも3日くらい前になると「~日に赴任ですのでお願いします」と電話してくれます。

銀王の時はスロット打ってる時に電話してきましたw

まさに神対応ですね。

そして赴任日になったら指定されたホテルに泊まってゆっくりしましょう。

赴任初日

受け入れの手続きのみで終了です、人が多いと2時間くらいかかるかもしれません。

時間より早くついていればさっさと終わらせて帰ることができます。

赴任2日目

この日から給料が発生しているようです。

受け入れ教育と健康診断などをして終了、3時くらいでしょうか。

この時の健康診断で入れ墨があると帰らされます。

実際にレントゲンが終わってから呼び出されてその場で帰らされた人がいました。

赴任3日目

楽園イメージ

ここでようやく入寮してホテルとはお別れできます。

寮へ向かう際に人事の人から「仕事はキツイ、辞めるならきちんと言ってくれ」と言われます。

無理だと思ったら正直に言って辞めさせてもらいましょうね。

そしてこの後から期間工としての本格的な仕事と生活になっていきます。

地獄への扉が開くか楽園への道があるかはあなたの運次第です。

スバル期間工での注意点

スバル期間工と言えば某ブロガーが身バレしたということで首になったという話しがあります。

本当なのかネタなのかは知りませんがやっていることを考えれば首というのは十分あり得る状態でした。

この話しが本当だとしたらスバルで期間工ブログというのは辞めた方がいいのかもしれません。

期間工ブログがやりたい人は他のメーカーに行きましょう。

銀王ブログでは期間工・派遣などあらゆる仕事の情報を募集しています。

まだ誰も知らないような会社でもいい会社はたくさんあると思いますのでたくさんの情報提供をお待ちしています。

そしてご報告、4年ほどニートをしていたかたが期間工面接を受け合格しました。

そしてその期間工生活のすべてを提供していただけるということです。

その会社はスズキ期間工です。

情報が少ないということで敢えて受けて貰いました。

時期などで特定されないように頃合いを見て記事を書きたいと思いますのでしばらくお待ちください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事